娘を陵辱され殺された父親の復讐劇──さまよう刃/益子昌一(監督)・東野圭吾(原作)

東野圭吾は好きで、よく読みますし、映画も観ます。

この話は、人間性のカケラもない二人組みの“ヤカラ”に、娘を陵辱され死に至らしめられた父親の復讐劇です。

未成年というだけで、現代社会は犯した罪の重さよりも更生の可能性を考慮し過ぎるきらいがあり、たとえ殺人を犯しても残された遺族からみれば、未成年者に対してははあまりに刑罰が軽くその憤りはどう処理すればいいのだろうか!? 

さまよう刃/東野圭吾

もちろん現代社会では、復讐・仇討ちは認められていないけれど、よく言われているのが少年犯罪の場合は特に、加害者のプライバシーや権利ばかり守ることに重点が置かれ、被害者遺族の気持ちに寄り添ったフォローがなされず軽んじられているということ。

いわゆる人間の“クズ共”に娘がレイプされ、結果的に“殺されて”しまった父親の心情は? そして、復讐は…


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ブロトピ:
今日のブログ更新


関連ニュース
  • 娘を殺した“少年”に復讐する父親を、あなたは許せますか? 映画『さまよう刃』 - 映画 Movie Walker
    法の甘さに憤りを感じ、自らの手で少年たちを裁くため、復讐に走る娘の父親。東野圭吾の同名小説を映画化した『さまよう刃』(10月10日公開)は、現在の「少年法」に疑問を投げかけ、被害者遺族の現実を映し出した衝撃作だ。
  • 東野圭吾 - Wikipedia
    また、東野という名字は、最初は「とうの」と読んでいたが、圭吾の父親が「ひがしの」と読み方を変えたらしい。 以来その地で育ち、 大阪市立小路小学校 、 大阪市立東生野中学校 に進学。
  • 娘を殺された父の復讐 映画「さまよう刃」 - あざなえるなわのごとし
    東野圭吾の同名小説を韓国で再映画化したサスペンス。女子中学生・スジンが遺体となって発見された。ひとり娘の死に茫然とする父親のサンヒョン。ある日、サンヒョンの下に何者かから犯人の状況が書かれたメールが届く。 【スポンサーリンク】 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 東野 ...
  • 東野圭吾 | Monkey Walk
    以前に東野圭吾さんの「幻夜」を読んでから、いつか読もうと思っていた一冊。 父親を殺された少年・桐原亮司、容疑者の娘・西本雪穂。 一つの事件を共通点に持つ二人は、決して他人には悟られることなくお互いを守っていく。
  • 東野圭吾
    東野圭吾は、1958年大阪府生まれの推理小説化です。代表作は秘密、容疑者xの献身、探偵ガリレオ、手紙、流星の絆などで、彼の作品の多くは映画化・テレビドラマ化され、大ヒットとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA